みなさんラサアプソという犬種をご存知でしょうか?
実際に私が飼っていたワンちゃんなのですが、とても可愛かったのでご紹介します。
ラサアプソはチベット原産の犬で、シーズー犬の元になった犬種です。
見た目はシーズーを一回り大きくした感じで、性格もシーズーに似ています。
昔はチベットの貴族や僧侶が飼っていたそうで、毛を伸ばすとモップみたいなのですが、程よくカールしていてエレガントです。
私が飼っていた時は、少し短めにしてモフモフしていて超可愛かったです。
人懐っこくはないのですが、飼い主にベッタリな性格で、他人には懐かず私や家族にゾッコンといった状況でした。
他人に懐かない上に臆病なので、ドックランなどでは走り回らずに結局ずっと私のそばにいたり、人が近寄ってくると吠えたりしていました(人様を噛まないように注意が必要でした)。
そのくらい他人には懐かないのですが、身内だとわかるのか少し離れたところに住む祖父母にも懐いていて不思議な子でした。
飼っていたのは女の子だったのですが、頭は決して良いとは言えず、トイレのしつけは苦戦しました。
でも、失敗したのは理解しているのか、間違えた時は申し訳なさそうな顔で怒られるのを回避して来ますw。
また、家族が大好きすぎるのと、誰かが帰ってくるのを察知するのが早く、うれションは毎日のようにしてました。その時は、興奮していて先ほど説明した申し訳ない顔もせずはしゃぎまわっていました。
特に私が帰宅した時には、なぜか背中に乗って来て腰を振って股を擦り付ける謎の行動を繰り広げていました(疲れて帰った時はシンドイです)。
そして何より大変な食いしん坊で、人が食事しているとヨダレを垂らしながら、頼んでもいないお手を繰り返したり、食卓につかまり立ちをして「くれくれ」とそれはそれはしつこかったです。
健康状態は良く、たまに耳の病気をするくらいで、病院にかかる事はほとんどありませんでした。
15歳でなくなってしまったのですが、具合悪くて動けなくなっても、家族が帰ると耳を動かしたり、なんとも言えない表情で見つめたりしていたのを思い出すと今でも胸が詰まります。
賢いワンちゃんも良いですが、ブスカワで抜けたところがあり、家族大好きな憎めない性格がお好きな方には大変オススメです。
ただ、家族になつきすぎるので、いなくなったときのペットロスは甚大です。
ぜひ、一度だけでもネットで検索して見てくださいね。